Home Following Likes Archive Random RSS Mobile Tumblr
Untitled

(Source: yadktda, via petapeta)

kawaii-sexy-love:

Reimi Tachibana 立花麗美
wirwollenmehr:

Paris - Fra.

wirwollenmehr:

Paris - Fra.

(via edieelee)

(Source: acricket86)

(Source: acricket86)

(Source: acricket86)

(Source: acricket86)

petapeta:

ZsaZsa Bellagio

(via petapeta)

suicideblonde:

Vlada Roslyakova at Dior Fall 2012, March 3rd

suicideblonde:

Vlada Roslyakova at Dior Fall 2012, March 3rd

(via petapeta)

petapeta:

ZsaZsa Bellagio
増税とは国民の可処分所得を吸い上げて減少させることであり、当然、可処分所得の減少は消費の減少をもたらす。

従って、デフレのなかの今の日本で増税を行えば、さらにデフレが深刻化する。デフレのこれ以上の深刻化は、日本経済崩壊を意味する。デフレのなかの増税は不可であり有害なことである。よって、有害なことに命をかける野田総理も有害である。

世には、国民の嫌がることを敢えてしようとする野田の姿勢を評価する向きもあるが、之は間違っている。正しいことなら、国民の嫌がることでも敢えてすることを評価してもいいが、国民が嫌がり、かつ、間違っていることをしようとする者を評価してはならない。

総理の野田は、勘違いしている。野田を評価する国民がいるならば、その者も勘違いしている。

伝統的な宗教というものは、生活をしていく上では必ず生じるある種の理不尽に対して、諦めるための仕組みを提供する。

努力を投じたのに見合った結果が得られない、あるいはそもそも何もしていないのに、ある日いきなり不幸が降ってくる、世の中にはどうしようもない理不尽がいくつもあって、どこかでそれを「仕方がない」と受容していかないと、生活は前に進まない。

理不尽にはたいてい、原因が存在しない。

理不尽を受容する仕組みを持たない人は、「その理不尽には原因がある」と考えることになる。そうした人が何かの不幸に遭遇すると、どこかに「悪」を見出さないかぎり、不幸に遭遇した自分自身が悪と断じられてしまう。


zac posen, fall 2010

zac posen, fall 2010

(via petapeta)

(Source: ForGIFs.com, via petapeta)